« Rule-Based Building-Block Architecture for Policy-based Networking | メイン | 仮想の "音の部屋" によるコミュニケーション・メディア voiscape »

仮想の "音の部屋" によるコミュニケーション・メディア voiscape におけるポリシーベース・セッション制御

金田 泰, 電子情報通信学会 インターネットアーキテクチャ (IA) 研究会, 2003-10.

[ English page ]
[ 論文 PDF ファイル ] [ OHP PDF ファイル ]

要約: 電話にかわるべき音声コミュニケーション・メディアの確立をめざした研究の 一部として,多者間通信が可能な常時接続型コミュニケーショ ン・メディア voiscape のアーキテクチャとプロトタイプを開発した. Voiscape においては 3 次元オーディオ技術によってつくられた仮想的な "音の部屋" を使用する. ユーザがマウスをつかって音の部屋内を移動すると,プレゼンスサーバを介して 部屋内の位置などのプレゼンス情報が部屋内の他のユーザにつたえられる. 相手にちかづいたり相手からとおざかったりすると,あらかじめ端末において 定義されたポリシーにしたがって,SIP を使用して自動的に通信セッションの 開始・終了などの動作がとられる. このポリシーベース・セッション制御に よってプライバシー保護や通信量削減が可能になる. 接続開始を要求する際に 相手からも同時に接続開始を要求されることが頻繁におこりうるので,2 重に接続したり "話し中" になったりせずに接続が確立する方法を くふうしている.

研究テーマ紹介: voiscape

キーワード: voiscape, 音声会話, 音声コミュニケーション, 多声会話, 仮想プレゼンス情報, SIP, Session Initiation Protocol, ポリシーベース・セッション制御, プライバシー保護, 仮想コミュニケーション空間, 仮想コミュニケーション場, 仮想空間, 仮想の場所, 仮想場

コメントを投稿

About

2003-10-06 00:00に投稿されたエントリーのページです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

(C) 2008 by Yasusi Kanada
Powered by
Movable Type 3.36