« 仮想の "音の部屋" によるコミュニケーション・メディア voiscape におけるポリシーベース・セッション制御 | メイン | 仮想の "音の部屋" によるコミュニケーション・メディア voiscape の JMF と Java 3D を使用した実装 »

仮想の "音の部屋" によるコミュニケーション・メディア voiscape

金田 泰, 電子情報通信学会 マルチメディアと仮想環境研究会, 2003-10.

[ English page ]
[ 論文 PDF ファイル ] [ OHP PDF ファイル ]

要約: 電話にかわるべきコミュニケーション・メディア voiscape の概念を提案する. Voiscape は,3 次元オーディオ技術による仮想的な "音の部屋" をユーザ間で共有し,そのなかを自由に移動してさまざまなひとと会ったり わかれたりしながら多者間のコミュニケーションがおこなえるウェアラブルな メディアである. プレゼンスや周縁的情報の伝達を可能にし,電話におけるような 1 対 1 の会話から従来のメディアではできなかったさまざまなかたちの コミュニケーションまでをカバーすることによって,つながり感・安心感の 共有や暗黙知の共有も実現されるだろう. この論文では voiscape の使用場面や 手順についてのべ,PC 上に開発した voiscape のプロトタイプについてものべる. プロトタイプ上ではユーザは前方の様子を 3 次元グラフィクスによって 確認しながらマウスをつかって部屋内を移動することができる.

研究テーマ紹介: voiscape

キーワード: voiscape, 立体音響, 3次元オーディオ, 三次元オーディオ, 3Dオーディオ, 3次元サウンド, 三次元サウンド, 3Dサウンド, 3D音響, 3次元音響, 三次元音響, コミュニケーション・メディア, 音声コミュニケーション, 多声会話, 音声会話, 仮想コミュニケーション空間, 仮想コミュニケーション場, 仮想空間, 仮想の場所, 仮想場, バーチャル空間, ヴァーチャル空間, バーチャル・スペース, ヴァーチャル・スペース, バーチャル・プレース, バーチャルスペース, ヴァーチャルスペース, バーチャルプレース

コメント (2)

藤岡:

金田 泰 様

はじめてご連絡させて頂きます、藤岡と申します。

「仮想の"音の部屋"によるコミュニケーション・メディア」を参照させて頂きました。勉強になりました。

私も個人的に internet 経由での音声コミュニケーションや T.38 による画像交換に興味があり、自身でも実証実験を行ってみたく考えております。

PDF 内で記載のあった SIPTREX についても興味深く考えていますが、モジュールの公開が何処にもされていないようです。

実験的な意味合いもあり、できれば source code 込みで入手したいと考えておりますが、既存の公開ポイント等ご存じありませんでしょうか。

お手数ではございますが、ご連絡頂けますと幸いです。
何卒よろしくお願い致します。

金田 泰:

藤岡さん,

「仮想の "音の部屋"」の研究はだいぶまえに中断してしまいました.つかっていたソフトウェアは Siptrex もふくめて,ふるいものなので,現在はサポートされていないのだとおもいます.これから研究開発するばあいには,よりあたらしいソフトウェアをつかう必要があるとおもいます.端末もいま私がやるなら Android や iPhone をつかうとおもいます.

コメントを投稿

About

2003-10-08 00:00に投稿されたエントリーのページです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

(C) 2008 by Yasusi Kanada
Powered by
Movable Type 3.36