« Multi-Context Voice Communication In A SIP/SIMPLE-Based Shared Virtual Sound Room With Early Reflections | メイン | SIP/SIMPLE-based Conference Room Management Method for the Voice Communication Medium "voiscape" »

仮想の "音の部屋" によるコミュニケーション・メディア voiscape のための音声 3D 化と残響の計算

金田 泰, 電子情報通信学会 応用音響 (EA) 研究会, 2005-6.

[ English page ]
[ 論文 PDF ファイル ] [ OHP PDF ファイル ]

要約: 3D 音響技術によってつくられた仮想的な "音室" 内を移動して相手を選択しつつ 会話ができるコミュニケーション・メディア voiscape を開発している. Voiscape の第 2 のプロトタイプ VPII においては,FIR 法によって低遅延な HRTF フィルタ計算をおこなうとともに,移動可能な範囲としての音室を 音響計算上の部屋とみなし,その壁による初期反射をシミュレートした. この初期反射によって音の頭外定位と距離感の表現を可能にした. また,ユーザの移動を追跡し必要な補間処理をおこなった. これによって,話者識別が容易で,複数の会話コンテクストが共存することができ, また音室内の移動が自然でノイズがすくない音声コミュニケーション環境を実現した.

研究テーマ紹介: voiscape

キーワード: HRTF, 頭部伝達関数, voiscape, 初期反射, 残響, 仮想移動追跡, 距離感, 頭外定位, 仮想コミュニケーション空間, 仮想コミュニケーション場, 仮想空間, 仮想の場所, 仮想場, 音声会話, 立体音響, 3次元オーディオ, 三次元オーディオ, 3Dオーディオ, 3次元サウンド, 三次元サウンド, 3Dサウンド, 3D音響, 3次元音響, 三次元音響

コメントを投稿

About

2005-06-24 00:00に投稿されたエントリーのページです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

(C) 2008 by Yasusi Kanada
Powered by
Movable Type 3.36