« 仮想の “音の部屋” によるコミュニケーション・メディア voiscape の主観評価 | メイン | Method of DiffServ-Based Bandwidth-Sharing among Delay-Sensitive Traffic and Loss-Sensitive Traffic in Backbones »

パスにそったシグナリングにもとづく QoS 保証法の設計と試作

金田 泰, 電子情報通信学会 通信ソサイエティ大会, 2007-7.

[ English page ]
[ 論文 PDF ファイル ]

要約: NGN の目標とされている端点間 (end-to-end) QoS 保証を実現するコア網のためのスケーラブルな QoS 技術の開発をめざしている. 2006 年度は次世代バックボーンにおいて有効なポリシーベースのトラフィック制御法の発見を目標として,QoS 保証方式の開発,プロトタイプの開発と評価実験とをおこなった.

開発した方式においては,RSVP や NSLP にちかいプロトコルによって端末からつたえられる QoS 要求をコア網で集約してスケーラブルな端点間 QoS 保証を実現する. 上記のプロトタイプにおいてこの要求はポリシールーティングとアウトソース型のプロトコルによってポリシーサーバにつたえられ,ポリシーサーバが要求をもとにエッジノードにポリシングとマーキングの設定をおこなうとともに,トラフィック量を予測してコアノードのキューを制御する.

研究テーマ紹介: ポリシーにもとづくネットワーキング

キーワード: NGN, 次世代バックボーン,QoS 保証, Diffserv, 帯域配分

コメントを投稿

About

2007-09-11 00:44に投稿されたエントリーのページです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

(C) 2008 by Yasusi Kanada
Powered by
Movable Type 3.36