« ユーザ・レベルの通信品質要求を満足させるネットワーク制御機構の開発 | メイン | 仮想化ノードを使用した非 IP プロトコル開発法と経験 »

仮想化ノードを使用した実験用非 IP プロトコルの開発

金田 泰, 中尾 彰宏, 電子情報通信学会情報ネットワーク (IN) 研究会, 2010-9-2.

[ English page ]
[ 論文 PDF ファイル (C) IEICE]
[ スライド PDF ファイル]

要約: 情報通信研究機構 (NICT) においてはネットワーク仮想化技術を使用して任意のフレーム形式をもつ非 IP プロトコルを実装可能にした 10 Gbps 級の仮想化ノード (VNode) を開発している. 我々はそれを利用して実験的な非 IP プロトコル IPEC (IP Ether Chimera) を開発した. IPEC においては IP アドレスのような階層化可能なアドレスを Ethernet スイッチの学習アルゴリズムを拡張したアルゴリズムによって学習する. IPEC はつぎのような特徴をもつ. 第 1 に Ethernet,IP それぞれの特徴的な機能の一部を 1 層の単純な非 IP プロトコルによって実現している. 第 2 に学習をグループ単位でおこなうため,Ethernet よりスケールするうえ,グループ単位の移動が効率的に学習できる. 第 3 にこのアルゴリズムはループをふくむネットワークでも使用でき,障害時にも代替経路で通信できる. グループ ID はロケータとしても使用できるため,ID/Locator 分離を拡張したアーキテクチャを実現しているとかんがえることができる. IPEC を VNode 上に実装して,グループ単位の学習や端末の移動に実際に対応できることを実験により確認した.

研究テーマ紹介: ネットワーク仮想化

関連論文: 仮想化ノードを使用した非 IP プロトコル開発法と経験

関連するブログのページ:

キーワード: ネットワーク仮想化ノード, 非 IP プロトコル, アドレス学習, ID/Locator 分離, モビリティ, VNode

コメントを投稿

About

2010-09-04 15:47に投稿されたエントリーのページです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

(C) 2008 by Yasusi Kanada
Powered by
Movable Type 3.36