« Network-resource Isolation for Virtualization Nodes | メイン | Development of A Scalable Non-IP/Non-Ethernet Protocol With Learning-based Forwarding Method »

「クリーンな仮想化」 と要素独立進化型の 仮想化ノード・アーキテクチャ

金田 泰, 中尾 彰宏, 電子情報通信学会 ネットワーク仮想化時限研究会 第 3 回, 2012-3-2.

[ English page ]
[ スライド PDF ファイル]

(論文はありません)

要約: 共同研究プロジェクトにおいて仮想化ノード (VNode) およびそれによって構成されるネットワーク仮想化基盤を開発し,発展させている. VNode の特徴として 「要素独立進化型アーキテクチャ」 がある. すなわち,VNode においては,その構成要素 (プログラマ,リダイレクタ) が独立に進化できるアーキテクチャを実現している. この発表においては 「クリーンな仮想化」 という概念を提案し,VNode が この概念をほぼ実現していること,要素独立進化型アーキテクチャを実現するうえでこの概念が重要であることをしめす. また,VNode とくにその一部であるリダイレクタにおける要素独立進化型アーキテクチャと 「クリーンな仮想化」実現のしくみをしめす.

研究テーマ紹介: ネットワーク仮想化

キーワード: ネットワーク仮想化

コメントを投稿

About

2012-03-02 00:00に投稿されたエントリーのページです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

(C) 2008 by Yasusi Kanada
Powered by
Movable Type 3.36