[ Top page ]

« プログラミング言語学 | メイン | 論理 / 記号 ベクトル処理 »

ベクトル / 並列計算機のためのプログラミング言語処理

研究開発の内容

大学の卒業研究として MIMD 型のコンピュータのためのプログラミング言語 Dihybrid を開発したが,処理系は未完におわった. 就職後, SIMD型の スーパーコンピュータ S-810 などのための Fortran コンパイラにおける各種のコンパイル技法を数人のグループで開発した. おもな技法としては ベクトル化 の可能性などを判定するデータフロー解析法や,ベクトル・レジスタのわりあて法などがある.

文献

Keywords: プログラミング言語処理系, プログラム言語処理系, ベクトル化, ベクトル処理, ベクトル計算機, ベクター計算機, ベクトル・プロセッサ, ベクター・プロセッサ, ベクター化, ベクター処理, 配列データフロー解析

コメントを投稿

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 3.36