[ Top page ]

« スカラー計算機のためのプログラミング言語処理 | メイン | ベクトル / 並列計算機のためのプログラミング言語処理 »

プログラミング言語学

研究開発の内容

人間の言語をあつかう言語学の手法をプログラムにあてはめて分析することをこころみた研究である. 修士論文を書く比較的みじかい期間だけたずさわっていた. その後も研究を継続しようとはしたが,成果はえられていない.

ProLingAbstract.jpg

関連ページ

文献

Keywords: プログラミング言語学, 非成文化規則, 非自立性, 恣意性, 非線条性, 単位の離散性, 非2重分節, 非二重分節, あいまい性, 曖昧性, 閉鎖性, 進化性, 有効範囲, 形態論, 多義性, 同形性

コメントを投稿

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type 3.36