« A Method of Admission Control Based on Both Resource Requests and Traffic Measurement and Its Dynamics Under On/Off Model Traffic | メイン | 仮想化ノードを使用した実験用非 IP プロトコルの開発 »

ユーザ・レベルの通信品質要求を満足させるネットワーク制御機構の開発

金田 泰, 電子情報通信学会情報ネットワーク (IN) 研究会, 2009-5-21.

[ English page ]
[ 論文 PDF ファイル (C) IEICE]

要約: ユーザが経験する通信の体感品質すなわち QoE に関する要求をユーザが入力し,その要求をネットワークにおいて満足させるための機構を提案する. QoE 要求は QoS にマップされ,アドミッション制御やネットワーク・ノードへの設定を通じて満足される. 要求のためにソフト・ステートのプロトコルを使用することによって,サービスの開始,延長,中止などを統一的にあつかうことができる. この機構の一部をプロトタイプにくみこみ, 階層化シェイパーつきのネットワーク・ノードを使用して動画ストリーミングに関する実験をおこなった結果,QoE 要求が満足されることを確認した.

研究テーマ紹介: ポリシーにもとづくネットワーキング

キーワード: QoE 最適化, 体感品質, QoS 保証, 最低帯域保証, ソフト・ステート・プロトコル, 階層化シェイパー, 階層化シェーパー

コメントを投稿

About

2009-05-21 00:00に投稿されたエントリーのページです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

(C) 2008 by Yasusi Kanada
Powered by
Movable Type 3.36