[ Blog in Japanese ] [ Blog in English ] [ Edit this site ]

9999-12-02

What's New

なお,このページはページの先頭に表示されるように,意図的に投稿日時を 9999-12-02 00:00:00 としてあります.

9999-12-01

このブログ内のあるきかた

PC130513.jpg NHNDoorCloser2.jpg このページの右側にある 「カテゴリー」 のなかから選択するのがおすすめです. 興味のあるカテゴリーをいくつか,ためしてください. 各カテゴリーの先頭には説明やナビゲーション情報をつけてあります. もし全体をみたいときは,「カテゴリー」 の下にある 「アーカイブ」 や,その下にある月ごとのページをクリックしてみてください.

KA-1b.jpg なお,このページはページの先頭に表示されるように,意図的に投稿日時を 9999-12-01 00:00:00 としてあります (実際の投稿日時は 2007-11-04 12:05 です).

おもくなるのをさけるため,個別ページをつくる際にはアーカイブ・ページに写真がはいらないようにしていますが,いくつかの個別ページにある写真をここに引用しておきます.

2015-02-26

政治・法律・憲法

現代日本のため,そしてグローバル化のための改正 ― 内田 貴 著,「民法改正 ― 契約のルールが百年ぶりに変わる」

最近話題になっている民法大改正がスタートしてまもない時期に書かれた本だが,反対論にも配慮しつつ書かれている. 日本や各国の民法の歴史に数 10 ページをさいている. 制定後 120 年間おおきな改正をしてこなかった民法の改正の目的として,現代にあわせることやわかりやすくすることが重視されているが,各国とくにアジア諸国の契約法の統一をリードすることも目的としてあげられている. 国内の必要性から改正されるものだから TPP ほどつよい反対論はないようだが,統一ルールの策定という点では TPP に似ているようだ.

評価: ★★★★☆

関連リンク: 民法改正

つづく…

社会・経済:日本の再生と針路, 書評:社会・経済

著者のすぐれた 知識 + 記憶 - データ にうらづけられた議論 ― 小宮山 宏 著,「日本「再創造」 ― 「プラチナ社会」実現に向けて」

21 世紀のパラダイムとして 「爆発する知識」,「有限の地球」,「高齢化する社会」 の 3 つをあげて,説明している. もっともな 3 つだともおもえる. 説明は著者の知識にうらづけられていて,納得させられる. しかし,その論旨は著者の知識と記憶にうらづけられているだけで,データにうらづけられているわけではない. そこがこの本のよわみだとおもう.

評価: ★★★☆☆

関連リンク: 日本「再創造」

つづく…

2015-02-22

社会・経済:産業・ビジネス, 書評:社会・経済

「マッシュアップ」とは関係がなかった ― 臼井 功 監修, 鳥居 保徳, 早川 典雄 著,「マッシュアップ時代のサプライチェーン・ロジスティクス」

タイトルにまで「マッシュアップ」がはいっているから,なにかそれらしいことを書いているのかとおもって買ってみた. しかし,なんの説明もない. 経産省がこのことばをつかっているから,なにもかんがえずにつかっているだけのようだ. SCM についてはもちろん書いてあるが,もっとよい本がある. つまらない本を買ってしまった.

評価: ★☆☆☆☆

関連リンク: 民法サプライチェーン・ロジスティクス

つづく…

2015-02-20

書評:政治・法律・憲法, 政治・法律・憲法

冷静でもていねいでもない改正反対論 ― 鈴木 仁志 著,「民法改正の真実 ─ 自壊する日本の法と社会」

「民法大改正」ということばを首相からきいて,この本を手にとった. 改正推進派が「大」改正しなければならない理由をほとんど説明していないのが不気味だが,逆にこの本は民法改正とその首謀者である 内田 貢 を不倶戴天の敵のようにあつかい,冷静な批判になっていない. 論点はいろいろ書かれているが,民法を勉強してからでなければわからないことが多い. 改正反対の世論をつくりたいなら,もっと冷静でていねいな説明がほしかった.

評価: ★★☆☆☆

関連リンク: 民法改正の真実

つづく…

DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD, 書評:DIY (日曜大工) とものづくり

熱気と興奮と蜃気楼 ?! ― ホッド・リプソン, メルバ・カーマン 著,「2040 年の新世界 ― 3Dプリンタの衝撃」

3D プリンタが登場してからずいぶん時間がたつのだが,この本にはまだ熱気や興奮,そして過大な期待が感じられる. この本が示唆しているさまざまな可能性は感じつつ,だまされないようにしたほうがようようにおもう. この本には 3D 印刷やデザインに関するさまざまな用語が登場するが,たとえばそのひとつである "design as programming" という単語を Web でさがしてもみつからない. 著者の造語かもしれない.

評価: ★★★☆☆

関連リンク: 3Dプリンタの衝撃

つづく…

2015-02-16

DIY (日曜大工) とものづくり・実験

手すりの工事

母が手すりを必要とするようになり,家のなかの 5 箇所に設置した. 楽天で部材を発注し,自分でとりつけた. 2 x 4 の柱の位置がわかりにくくて,壁は穴だらけになったが,なんとか固定した.

つづく…

DIY (日曜大工) とものづくり・実験:修理・修繕

キッチン水栓の再修理

修理したキッチン水栓の経年変化」 に書いたように,うまく修理できなかったキッチン水栓の水もれを何度かなおしてきたが,最近ではその水もれがとてもひどくなってしまった. 水栓を交換するのが一番よいとはいっているのだが,まだ放置されている. どうにかしようとおもっているうちに,ひらめいた.

つづく…

2015-02-12

政治・法律・憲法:外交・国際関係, 書評:政治・法律・憲法, 地理・地域:西アジア・中東

釈然としないが重大な課題であることはまちがいない ― 内藤 正典 著,「イスラム戦争 ― 中東崩壊と欧米の敗北」

著者は,これまで欧米諸国がイスラムを理解しないまま中東に介入してきたが,そのやりかたが限界に達したことを指摘している. イスラム国に関してもそのテロリズムや情報のだしかたなどに反対しながらも,この問題の理解なしに武力による解決をはかっても成功しないであろうことを指摘している.

イスラムへの深い理解にもとづく著者のこういう主張は貴重なものだが,てばなしでこの本を賞賛しているようにみえるおおくの評者とはちがって,私には釈然としないおもいがのこる. 日本が平和的な手段でのみこの問題にかかわっていくことを著者はもとめているが,自衛権・集団的自衛権の問題は中東・イスラムとの関係だけできめられるものではないし,イスラム国に「宣戦布告」された日本がたたかわない道を選択することが可能なのかどうかもわからない. この本の複雑な論理がおおくの日本人に理解しうるものなのかどうかも疑問だ. しかし,すくなくとも解決するべきおおきな課題をなげかけていることはまちがいない.

評価: ★★★★☆

関連リンク: イスラム戦争

つづく…

2015-02-11

政治・法律・憲法:外交・国際関係, 地理・地域:西アジア・中東

「十字軍」とみなされた?! 集団的自衛権をもった日本

後藤さんらを人質にした ISIL (イスラム国) は日本が「十字軍」に参加したといった. マスコミなどではそれを安部総理の発言とむすびつけたが,それはむしろ集団的自衛権のことをさしていたのではないだろうか? 集団的自衛権をもつときめた政府の意図が ISIL に無関係だったとしても,かれらはそれが自分たちにむけられたと感じたとしてもふしぎではないだろう.

つづく…

書評:社会・経済

興味ぶかいがどこまで信用できるか… ― 朝日新聞記者有志 著,「朝日新聞 ― 日本型組織の崩壊」

朝日新聞社の内部からの告発であり,内部にいるからこそ知りえたことが書かれている. その点では非常に興味ぶかい内容だ. しかし,内容の大半は著者らの印象やうわさであり統計やうらづけはほとんどないから,どこまで信用できるかはわからない. 著者も書いているように他の大企業にや他のマスコミにも共通する点もあるようだ. はげしい朝日バッシングのなかでは非常に特殊な会社であるようにみえているようだが,けっしてそうではないのだとろう.

評価: ★★★☆☆

関連リンク: 朝日新聞

つづく…

2015-02-10

DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD

CAD を使用しサポートなしで皿を印刷する挑戦

これまで,3D プリンタのヘッドをらせん状にうごかして,うすい皿を印刷してきた (「螺旋状 3D 印刷による輝く皿の 3D 印刷のビデオを YouTube に投稿した」, 「変化するハート型断面をもつ皿を 3D 印刷するビデオを YouTube に投稿した」). この方法は CAD でデザインする従来の 3D 印刷法とはまったくちがうので,かんたんにはできない. この方法ほどきれいにはできないのだが,従来の CAD をつかって似たことができないかとかんがえてためし,それなりの結果をえることができた.

つづく…

2015-02-07

書評:社会・経済

たちがわるいタックス・ヘイブンはイギリス ?! ― 志賀 櫻 著,「タックス・ヘイブン ― 逃げていく税金」

タックス・ヘイブンというとちいさな南の島国のイメージがあるが,この本はそれよりイギリスのような国のほうがたちがわるいという. ロンドン (のオフショア金融センター) やもとイギリス領のほうが税金のがれにやくだっているということだ. 対抗策はよわいが,税金のがれの方法に関して理解をふかめていくれる本だ.

評価: ★★★☆☆

関連リンク: タックス・ヘイブン@Amazon.co.jp

つづく…

書評:DIY (日曜大工) とものづくり, DIY (日曜大工) とものづくり・実験

熱くなるのはよいが,「売り物」をつくるむずかしさには気づくべきだ ― Mark Hatch 著, 金井 哲夫 翻訳,「Maker ムーブメント宣言 ― 草の根からイノベーションを生む 9 つのルール」

アマチュアでもものづくりができるようになった時代の「熱」をつたえる本だ. ものづくりに関してプロとアマチュアの差がすくなくなったと書いている. 減ったのは事実だが,とくにハードウェアに関しては,売り物をつくるのはそんなに容易なことではない. 著者は「熱」にうかれて,そこに気づいていないようにみえる.

評価: ★★★☆☆

関連リンク: Maker ムーブメント宣言@Amazon.co.jp

つづく…

DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD, 科学・技術・自然:機械

おおた工業フェアで 3D 印刷物などをみてきた

おおた工業フェア」は大田区の企業を中心とする展示会だ. そこにはじめていき,3D 印刷物がならべてあるところなど,いくつかのブースで話をしてきた.

つづく…

2015-02-03

DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD

中空地球儀とその特別版 "I AM KENJI" 地球儀の販売

S2021484c.jpg Yahoo! shopping デイシン Dasyn にて透明な中空地球儀とその特別版である "I AM KENJI" 地球儀の販売をはじめた.

つづく…

2015-02-02

DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD

中空地球儀 3D 印刷ビデオを YouTube に投稿した

P1311424c.jpg 螺旋状に地球儀を印刷する 3D 印刷プロセスのビデオを YouTube にアップロードした. 従来の 3D デザイン・印刷法とはまったくことなる方法でつくっている. フィラメントを螺旋状に 1 回だけ巻いていくだけで地球儀をつくっている. 海の部分と陸の部分とでフィラメントの量 (印刷速度) がちがっている.

つづく…

2015-01-30

Web とインターネット:eコマース (ネット通販)

客のいないヤフオク (カテゴリー)

3D 印刷でつくったものを Yahoo! で売っているが,さっぱり売れない. そこで,Yahoo! オークションもあわせてためしてみた. こちらでもさっぱり売れないのだが,おどろいたことはその商品のページの下にでてくる 「人気商品」 にもほとんど入札がないことだ. 入札 0 で人気商品だとはどういうことか?

つづく…

2015-01-29

DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD

3D Printing 2015 でみた 2 種類の立体地図

東京ビックサイトでひらかれた 3D Printing 2015 で 2 種類 (あるいは 3 種類) の立体地図をみた. ひとつは国土地理院でつくられたものだ. 国土地理院が出品しているわけではなくて,それを印刷した FDM 型 3D プリンタのブースで展示されていた. もうひとつは紙をつみかさねるタイプのプリンタでつくられたものだ. これはそのプリンタのブースにおかれていた.

つづく…

DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD

3D Printing 2015 という展示会でみた FDM 印刷物たち -- その弱点

「3D Printing」 という展示会がはじめて東京ビッグサイトででひらかれた. nanotech 2015 の会場の一部だけが 3D printing にわりあてられている. 確保されたスペースのうち一部はうまらず,日本ではまだまだだと感じさせたが,収穫もあった.

つづく…

インターフェース・デザイン・アメニティ:コンピュータ・仮想世界 (ヴァーチャルワールド)

とんでもない入力予測機能たち

Macintosh で本来は全部カタカナであるべきことばが,ひらがなまじりで確定されてしまうことについて 「Macintosh のありえない日本語予測機能 ― Macintosh の死の兆候」 に書いた. それに類するとんでもない入力文字の置換がジョルダンでもおこる. これは比較的容易にとめることができるが,とめなくてもこんなおかしな置換をするのはやめてほしい.

つづく…

2015-01-27

インターフェース・デザイン・アメニティ, メディア・アート・イベント・エンターテイメント:ビデオ・映画・テレビ

ザッピング時に隣接チャネルがみえたほうがよい (!?)

テレビでザッピングするとき,現在のチャネルしかみることができない. チューナーがひとつしかないアナログ・テレビではそうするしかなかった. デジタルになればその制約はゆるめられるはずだ. ところが,現実には隣接するチャネルへの移動すら高速にはできなくなっている. これはあきらかに退化だ. そうではなくて,デジタル・テレビを進化させる必要がある.

つづく…

インターフェース・デザイン・アメニティ:リモコンのインターフェース

意味のない (?!) 「地上」,「BS」,「CS」などのボタンがついたテレビのリモコンからの脱却

テレビのリモコンには 「地上」,「BS」,「CS」などとかかれたボタンがある. チャネル番号がこれらのあいだでかさなっているから当然だともいえるが,内容でチャネルをえらぶ視聴者にはこれらはほとんど意味がない. チャネル番号とこれらをあわせたものが画像のアドレスとなっているわけだが,アドレスの構造を複雑化しているだけだ. 内容にもとづくアドレッシング (content-based addressing) がのぞましいのではないだろうか?

つづく…

文化・教育と学習:教育・大学・研究, Web とインターネット:電子図書館・電子書籍 (一般)

会議論文と論文誌論文の重複はゆるされるかという問題について

国際会議に投稿したのとおなじ論文をオープン・アクセス・ジャーナルに投稿しようとして,それらがまったくおなじだとうけいれられないということに気がついた. 従来の (紙の) 論文誌ならゆるされることだとかんがえていたが,WWW で論文がアクセスできるようになった時代には,それとはちがった倫理基準が適用されているようだ.

つづく…

2015-01-25

メディア・アート・イベント・エンターテイメント

「仮想現実」からの卒業

NHK の 「ネクストワールド」 という番組をみながらこのブログを書いている. 仮想現実,拡張現実がテーマの番組だが,私にはしらじらしくみえる. 仮想現実は現実を再現するのが目標だが,そこから卒業する (ぬけだす) ことが,この技術をもっと発展させ,もっとつかわれるものにするカギなのではないかと,ふとおもった.

つづく…

2015-01-24

地理・地域:東・南アジア, 観光・旅行・出張:海外旅行・出張

シェムリアップで感じたカンボジアの印象

COIN 2015 という学会で 2 件の発表をするために,カンボジアのシェムリアップ (Siem Reap) にいった. フライトはホーチミンとハノイを経由したので,ほかのカンボジアのまちにはいっていないのだが,シェムリアップで感じたのは今後,開発 (開拓) の余地がおおきいのではないかということだ.

つづく…

地理・地域:東・南アジア, 観光・旅行・出張:海外旅行・出張

廃墟としてのアンコール遺跡

ICOIN 2015 という学会で 2 件の発表をするために,カンボジアのシェムリアップ (Siem Reap) にいった. アンコール・ワットをはじめとする遺跡たちは,廃墟の雰囲気をただよわせている. これらの遺跡は 20 世紀にながくつづいた戦争によって破壊されたが,廃墟となった原因はむしろそれ以前にある.

つづく…

情報通信博物館:MacBook

レビューに投稿した Macintosh の Keynote へのコメント

MacBook ではこれまで Keynote というプログラムでプレゼンテーションをしてきた. PowerPoint より機能はかぎられているが,比較的よくまとまっていて,つかいやすいとおもってきた. ところが,OS を Yosemite にアップグレードしたとたんに,いろいろ問題がでてきた. それを Apple ストアの Keynote のレビューとしてつぎのように書いたのだが,はたして掲載されるだろうか?

つづく…

書評:政治・法律・憲法, 政治・法律・憲法

新聞・テレビからはわからない安部首相・菅官房長官などのすがた ― 田崎 史郎 著 「安倍官邸の正体」

ジャーナリズムは安部首相を追いかけ,毎日その動向が報道されるが,新聞やテレビをみてもわからないことが多い. この本はそういう,首相だけでなく菅官房長官,そして第 1 次のときもふくめて,あまり報道されない部分を書くことによって,全体像をとらえようとしている. 安部首相に好意的であるようにも読めるが,私も,国民の過半数が不賛成の政策に関してもいずれは正の評価をうけるときがくるのではないかとおもっている.

評価: ★★★★☆

関連リンク: 安倍官邸の正体@Amazon.co.jp

つづく…

2015-01-23

DIY (日曜大工) とものづくり・実験:3 次元印刷 (3D printing)・CAD

第 5 回 AM シンポジウムをききに駒場にいった

駒場にある東大生産技術研究所でひらかれた第 5 回 Additive Manufacturing シンポジウムをききにいった. 1 月 22 〜 23 日の 2 日間ひらかれたが,私は 2 日めだけ行った. テキサス大オースティン校の D. L. Bourell 教授の招待講演がめだまだが,ほかの講演でもいろいろ,えるところがあった.

つづく…

2015-01-22

地理・地域:東・南アジア, 観光・旅行・出張:海外旅行・出張

シェムリアップからの帰国

ICOIN 2015 という学会で 2 件の発表をするために,カンボジアのシェムリアップ (Siem Reap) にいった. シェムリアップから日本への便はだいたい夜行なのだときいた. 私のはシェムリアップ空港を夜 8:30 にでて,ハノイ経由で成田につく便だ. ベトナム航空でとったものだが,日本への便は日本航空の機体だ.

つづく…

2015-01-20

地理・地域:東・南アジア, 観光・旅行・出張:海外旅行・出張

プリヤ・カーン,タ・プロムなどの寺をみた,シェムリアップでの最後の日

ICOIN 2015 という学会で 2 件の発表をするために,カンボジアのシェムリアップ (Siem Reap) にいった. 帰国する日,最後にみたのは廃墟の寺にまとわりつく生木が多数あるタ・プロムと,ひろくてアプローチが多様なプリヤ・カーンという 2 つの寺,そして Phnom Bakheng という山のうえにある寺だ. Phnom Bakheng はまえの 2 つの寺をみたあとにまだすこし時間があったので,TukTuk の運転手のすすめでいった.

つづく…

2015-01-15

観光・旅行・出張:散歩・まちあるき, 地理・地域:東・南アジア, 観光・旅行・出張:海外旅行・出張

シェムリアップのダウンタウン散策

ICOIN 2015 という学会で 2 件の発表をするために,カンボジアのシェムリアップ (Siem Reap) にきた. 最後の日はフライトの時刻まで,まずダウンタウンを散策し,きのうみなかった寺院を 3 つほどみてから,はやめに空港にいった. ダウンタウンへはホテルからあるいていく. 場所によってあつまっている店の種類はちがうが,それほど変化のあるまちというわけではない.

つづく…

観光・旅行・出張:散歩・まちあるき, 地理・地域:東・南アジア, 観光・旅行・出張:海外旅行・出張

シェムリアップの国立博物館はつかえなかった

ICOIN 2015 という学会で 2 件の発表をするために,カンボジアのシェムリアップ (Siem Reap) にきた. 最後の日にちょっとアンコールのことを知ろうと国立博物館にいったのだが,あてがはずれた. 展示にもっとくふうしてくれないことには,やくにたたない.

つづく…

観光・旅行・出張:散歩・まちあるき, 地理・地域:東・南アジア, 観光・旅行・出張:海外旅行・出張

シェムリアップでたべた,ちいさなバナナ

ICOIN 2015 という学会で 2 件の発表をするために,カンボジアのシェムリアップ (Siem Reap) にきた. 最後の日,最初に国立博物館をみようとしてあるいていったさきで,みじかいバナナのふさを買ってみた. 皮がはじけているのでちょっと心配だったが問題はなくて,日本で買うのとはちがうバナナをあじわった.

つづく…

地理・地域:東・南アジア, 観光・旅行・出張:海外旅行・出張

シェムリアップでの 14 日の夕食

ICOIN 2015 という学会で 2 件の発表をするために,カンボジアのシェムリアップ (Siem Reap) にきた. 14 日の夕食はホテルのななめむかいの店にした. おもてには日本語で 「… レストラン」 とも描いてある. すこし北にいけばもうすこしよいレストランもあるかもしれないが,ここもたべてみなければわからない.

つづく…

2015-01-14

地理・地域:東・南アジア, 観光・旅行・出張:海外旅行・出張

庶民的な店で買ってたべたシェムリアップでの 14 日の昼食

ICOIN 2015 という学会で 2 件の発表をするために,カンボジアのシェムリアップ (Siem Reap) にきた. きょう 14 日の昼はホテルのちかくの店で買ったものをたべた. 肉の骨は多いが,味はよかった.

つづく…

地理・地域:東・南アジア, 観光・旅行・出張:海外旅行・出張

アンコール・ワットとアンコール・トムの観光と荒稼ぎ (?!)

ICOIN 2015 という学会で 2 件の発表をするために,カンボジアのシェムリアップ (Siem Reap) にきた. 学会最終日のきょうは,それがおわったあとにすこし観光する時間があった. アンコール・ワットまであるいていくつもりだったが,途中に入場券うりばがあり,そこでひとまわりするには距離がありすぎるので,あるけないとさんざんいわれて,結局 TukTuk にのることにした. 半日なのに 1 日ぶんはらうことになってしまったし,ほかにもいろいろ散財することになってしまった.

つづく…

情報通信博物館:MacBook, インターフェース・デザイン・アメニティ:コンピュータ・仮想世界 (ヴァーチャルワールド)

はずれやすすぎる MacBook の電源ケーブル ― Macintosh の死の兆候 (?!)

昨年あたらしい MacBook をてにいれた. まえの MacBook の SSD ではたりなくなったからだ. この MacBook の電源ケーブルは,磁石でくっつくようになっている点ではまえとかわらないが,すぐにはずれるのでこまる. しかも,まえと同様にディスプレイの横に固定するためのとめ具らしきものがついているのだが,まえとちがってこれでは固定できないから,はずれるのをふせぐことができない. あきらかにつかい勝手はわるくなっている. これはきっと Steve Jobs の目がとどかなくなったことのひとつの結果であり,MacBook の死の兆候だろう.

カテゴリー

最近コメントがついた項目

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログはつぎのライセンスで保護されています. クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.
Powered by
Movable Type